ジェルネイルって何?

ジェルネイルとは、いったいどんなものなのか知っていますか?

 

通常のネイルと違って、ジェルネイルは、水あめのようなとろみのあるジェルを爪に塗って、それを専用UVライトを当てて固めて作るものなんです。

 

自分の爪に固めてつけるから、密着力が高く、浮きにくく、透明感と艶やかな爪を作ることも可能だし、マニキュアよりも長時間長持ちするんです。

 

それに、ポキポキ折れやすい爪を保護してくれるし、チップを使った付け爪やスカルプチュアなどの義爪を作ることも出来ちゃいます。

 

色もクリアでアクリルネイルよりも艶がある爪に仕上がるし、1度装着すると、2週間から4週間長持ちするんです。

 

でも、水仕事が多い職場で働いている人、主婦の人の場合、水分によってジェルネイルがはがれやすくなってくるので、耐久性の高いソフトジェルなどを選ぶとはがれにくくなるんです。

 

ただ、はがす時に、専用のリムーバーなどを使って、自爪を傷めないようにする必要があるので、注意しながら慎重にはがすようにしようね。

 

 

ジェルネイルとは

ジェルネイルって、合成樹脂分を主成分としているため水あめのような粘り気のある液体だから、日常的に使っているネイルポリッシュよりも強くて、艶もあり、色などがはがれにくいのが特徴で、今、若い女性に人気だよね?

 

それに、自爪が薄くて、すぐ割れやすいなど衝撃に弱い人でも自分の爪を傷めることがないから、長く伸ばすことが出来るし、2枚爪などの場合、ジェルを塗ることで、爪を傷めないようにする効果もあるんです。

 

また、ネイルポリッシュよりは時間がかかってしまうけど、アクリルパウダーで固めるスカルプチャアよりも気軽に専用リムーバーなどを使うと簡単にオフすることが出来るんだよね。

 

このジェルネイルを使うとネイルがすぐに落ちてしまう水仕事の多い人でも長時間綺麗な爪のままでいることも出来るのから、爪や指を傷めやすい主婦の人や水仕事の多い仕事をしている人も安心してジェルネイル出来ちゃう。

 

1度つけるとだいたい半月から1か月間はがれることがないからすごく楽だよ。

 

ジェルネイルをスクールで学ぶなら

ジェルネイルを独学でなく、スクールで学んで、資格まで考えているなら
ネイルスクール・検定・資格情報へ

更新履歴